ペンタゴンが注目したゼロ・ポイント・フィールド理論

量子物理学・量子力学の領域でよく知られる用語で、「ゼロ・ポイント・フィールド」という言葉があるのをご存知でしょうか。

量子力学では全くの「無」である真空は存在せず、全空間から物質とエネルギーを取り除いた空間にさえ、原子内の水準でいうと活発な活動が行われているといいます。
そのような真空であるゼロ・ポイント・フィールドを「ゼロ」というのは、その場の変動が、考えうる最低のエネルギー状態であり、あらゆる物質が取り除かれた絶対ゼロでも、なお数値が検出できるから。
ゼロ・ポイント・エネルギーは、空間が最も空っぽの状態で、考えうる最低のエネルギー状態〜原子内物質の運動が限りなくゼロに近い状態〜の時に存在するエネルギーなのです。

その際のエネルギー変動は小さいものですが、宇宙空間に存在する全ての粒子の活動を計算すると、ほとんど無尽蔵のエネルギーが存在するといわれています。
物理学者であるリチャード・ファインマン氏がそのエネルギーの量を例えて、「一立方メートルの空間に含まれるエネルギーが、世界のすべての海の水を沸騰させるに足る」と主張するほど、莫大な量のエネルギーだと考えられているのです。

物理学者のハロルド・パソフ博士は、そのようなエネルギーを、無限のエネルギー源として利用することが可能だと考えています。 1980年代のある期間にペンタゴン(アメリカ合衆国国防総省)は、パソフ氏が研究を進めていたゼロ・ポイント・エネルギー理論に基づく蓄電技術を「国家的重要課題リスト」の三番目に位置づけていたという事実もあるのです。
ちなみにこれよりも上位にあったのは、ステルス爆撃機と光コンピューティングだけだったといいます(リン・マクダガード著『フィールド 響き合う生命・意識・宇宙』株式会社インターシフトより)。

様々な角度から探究され続けてきた、未知なるエネルギー。
今後さらに解明が進むことで、様々な分野で有効活用されることが期待されています。

なぜゼロ磁場には特別な力が働くのか
科学的な視点から研究されている宇宙エネルギー
元NASAの研究者も探究していた未知のエネルギー
ペンタゴンが注目したゼロ・ポイント・フィールド理論

インライトメント36ホームへ
copyright (C)
株式会社オレガノコーポレーション
all rights reserved