波動値が53%アップ

現代の科学技術の基礎的な理論ともいえる「量子力学」によると、電子や原始などの素粒子は、粒子であると同時に波の性質があり、それぞれが振動を発しているとされています。

素粒子とは、それ以上は分解することができない、物質の最小単位のこと。
私たちの身体をはじめ、あらゆるものの構成要素です。
そのような素粒子から構成されたものは全て、独自の波動を発しているとういうことが、最新科学で明らかにされています。

人や他の生き物、食品、衣料品、機器類など、万物が発しているという波動。それを測定する機器も、現在では開発されています。
そのような波動測定器によって、インライトメント36を起動させた時の波動値を計測すると、驚くべき結果が検出されました。

以下にその測定結果を記載します(本計測は第三者機関であるアクアタック研究室が実施。同研究室「波動分析報告書/解説」より要約)。

「インライトメント36」をオフにした状態とオンにした状態で周囲の波動レベルを計測すると、オフの状態では「S+16.5」だった値が、オンの状態では「S+25.2」となり、波動値が53%もアップするという結果が出ました。

この波動値は、基本的には高い方が「波動的な活性度が高い」「物質性から精神性に向かう」「より根本的に深く作用する」と考えられています。 インライトメント36から検出された「S+25.2」という波動レベルが、人に及ぼす影響をまとめると下記のような作用があるということです。

・知性・客観性のエネルギーを活性化する。もしくは高度な意欲を活性化し、個人的な問題に拘泥することなく活動する力をもたらす。そして、このレベル(深さ)から波動調整をおこなう。
・二次的な作用として、高位の感情エネルギー(高度な意欲)をコントロールする。もしくは、低位の感情エネルギー(好き/嫌い、損/得など)をコントロールする。三次的な作用として、身体(生命)エネルギーをコントロールする。
・これらを総合した作用として、高位、もしくは低位の感情エネルギーに起因する、心理面や人間関係上の問題・身体的不調などの解消を助ける。

人によって表れる作用や効果の高低は異なるとのことですが、一般的には上記の効果が期待できるということです。

ゼロ磁場の検証データを公表
波動値が53%アップ
第三の眼「松果体」を活性化
7つのチャクラが開き波動値が上がる
アルファ波・シータ波が発生
心身がリラックスし「変性意識状態」に入りやすくなる
インライトメント36ホームへ
copyright (C)
株式会社オレガノコーポレーション
all rights reserved